敏感肌が化粧水を選ぶポイント

敏感肌用に作られた化粧水であっても実際に使用してみると肌に合わなかったり、使い心地が良くないことがあります。
敏感肌の人が化粧水を選ぶ際には、保湿成分が含まれているタイプを選ぶことがポイントです。
敏感肌の人ほど保湿を欠かすことができず、特に角質の水分を抱えて離さない保湿を選ぶようにします。


保湿成分には、様々な種類があり、中でもセラミドには水を蓄える保水力があるため、肌の角質のすみずみまで保湿が可能になります。



セラミド以外にも保湿効果が期待できる成分としては、ヒアルロン酸やコラーゲン、エラスチンなどあります。

化粧水の中には、アルコールや香料などが配合されているタイプもあります。

しかし、これらの種類や配合量によっては、肌への負担となってしまう場合があるため、私用前にはパッチテストを行って、問題がないか確認してから使用することがポイントです。

一流の化粧水の比較の基礎知識をご説明をしたいと思います。

オーガニックコスメとあっても肌に合わないことがあります。

オーガニックコスメには、エッセンシャルオイルがよく配合されていいます。

選び方のポイントとしては、配合成分がシンプルになっているものを選ぶようにすることです。
配合されている成分の種類が少なくなるため、肌に合わない確率を少しでも減らすことができます。ただし、どれだけ肌に効果のある成分であっても肌に合う、合わないがあるため、どれを使う場合でもパッチテストを行ってから自分の肌に合っていることを確認します。

今や敏感肌用の化粧品や基礎化粧品が多く販売されていますが、それでも合う商品を見つけるのは大変です。
人それぞれ症状は違いますが、共通するのは「化粧水が染みる」。

敏感肌の方は通常よりも皮膚が薄いことが多く、外部からの刺激を受けやすいのです。


自分に合う化粧品を見つけるのは大切ですが、まずは皮膚を強くしましょう。

普段のスキンケア方法にひと手間加えるだけで健康な肌を手に入れることができます。
クレンジングはクリームタイプを使う。
肌への負担が少ないため、クリームタイプをお勧めします。


ごしごし擦らないように、クリームを肌の上で転がすようになじませましょう。

洗顔はたっぷりの泡で肌に直接触らないように。
水性の汚れはこれだけで簡単に落ちます。



クレンジングと洗顔をしっかりやることで化粧水は浸透率が増し、効果も期待できます。

化粧水だけではなく、クリームや美容液などの栄養も与えてあげるとより効果的です。手あたり次第に化粧品を試すのもよくありません。


使ってみて赤くなったり染みたりしても、かぶれたり出血するなどの症状が出なければ、肌が化粧成分を異物と認識しているだけなので、2~3日で引いてくることが多いです。


我慢できない痛みでなければ2~3日は続けてみましょう。

いろんな化粧品を次々試しても、新しい成分を覚える前に別の成分が入ってきてしまうと最終的には何を使っても拒否反応が出るようになってしまいます。

まずは肌を健康に戻すことから始めましょう。

ターンオーバーが28周期になれば、だんだんと化粧水も染みなくなってきます。

敏感肌の原因はこれに限ることではありませんが、この方法で改善する場合もあります。

敏感肌の人は化粧品選びには慎重にならざるを得ません。


なかでも化粧水はつけるとピリピリしたり赤くなったりすることも多いので、どれを選んだらよいか分からないという人も多いのではないでしょうか。
しかし、化粧水も選び方さえ間違わなければ刺激を感じることなく使うことができます。


選び方のポイントは、保湿力の高いセラミドが配合されたものを選ぶことと、肌の刺激になる成分を避けることです。
敏感肌は肌の乾燥が進行して角質のキメが乱れ、バリア機能が損なわれている状態です。

症状を改善するためには、まずはしっかりと保湿することが大切です。

セラミドは肌がもともと持っている成分で、肌の潤いを保つ主成分です。
しかし、加齢や間違ったスキンケアによって不足してしまうと、乾燥やさまざまな肌トラブルを招きます。セラミド不足を解消してトラブルを改善するためには、セラミドが配合された化粧水でしっかりと保湿してあげることが大切です。

また、化粧水を選ぶ際には避けたい成分もあります。

それはアルコールや合成香料、ビタミンC誘導体、レチノールなどです。

アルコールや合成香料は分かりますが、ビタミンC誘導体やレチノールは美容成分として有名なので意外に思う人も多いかもしれません。しかし、これらの成分は乾燥を招くので、敏感肌の人にはおすすめできません。

このような点に注意して選べば、化粧水でも刺激を感じることなく保湿できるはずです。高保湿でヒリヒリしないものを探して、症状を改善しましょう。

Copyright (C) 2016 敏感肌が化粧水を選ぶポイント All Rights Reserved.