ロレックスと冒険の歴史

###Site Name###

ロレックスは、その高い機能性と信頼性とから、数多くの冒険家に愛用されてきました。


冒険の歴史の裏にはロレックスがあり、冒険家の偉業をいつも肌身に触れて支え続けてきたのです。

例えば、その名と性能とを広く世に知らしめたのは、1927年にイギリス人の女性記者であるメルセデス・グライツが達成したドーバー海峡横断でした。

グライツが世界で2番目にドーバー海峡を横断した時、10時間以上も水に浸かっていたロレックスの時計は、挑戦を始める前と変わりなく動き続けていたのです。

名古屋のカルティエの情報を公開しているサイトです。

また、1933年に世界で初めてエベレスト上空を飛行する探検にも使用されました。

名古屋のハリーウィンストンに有効な情報の紹介です。

使用されたのはオイスターで、高高度の環境にあっても地上と変わらず動き続ける性能の高さは、世界初の偉業を成し遂げたクルー達の信頼を勝ち得ています。この他にも、1935年にマルコム・キャンベル卿が挑んだ、世界最高速度への挑戦にも使用されています。

キャンベル卿はアメリカのユタ州北西部にあるボンネビル・ソルトフラッツで時速485kmもの最高速度をマークしました。

速度だけを見れば、現在までF-1で記録されたトップスピードよりも速いものです。後にキャンベル卿は同社へ送った手紙の中で、過酷な環境でも動き続ける完璧な腕時計であると賞賛しています。そして、ロレックスと冒険家との関係で特に有名なのが、人類初のエベレスト登頂に用いられた事でしょう。

エドモンド・ヒラリー卿とテンジン・ノルゲイが達成した偉業において、シェルパを務めたノルゲイが着用していました。

名古屋のジュエリー情報ならこちらをご利用ください。

この後も、ロレックスは数多くの冒険家と偉業を共にし続ける歴史を積み重ねていき、冒険家の愛用する時計としても、象徴的な存在に成長していきます。